飲食店やバーなど店舗売却の査定の基準3つのポイント

飲食店やバーなど店舗売却の査定の基準3つのポイント

みなさんこんにちは!

 

飲食店舗の売却をお考えの方

が気になるのは、査定の基準だと

思いますが、飲食店舗の売却には

査定基準がいくつかあります。

 

 

今回は店舗売却の際に重要なポイントを3点

お伝えしたいと思います。

 

 

 

査定基準3つのポイント

 

1.立地条件(人通りが多く、繁盛しそうな立地かどうか)

 

人気の立地は人通りが多い場所(駅前・繁華街・商店街・ビジネス街など)

 

2.内装、厨房機器の状態

 

内装や厨房機器がそのまま使用できるかどうかも重要な査定基準です。

リース品、故障品、不具合のある機器があると減額の対象になります。

 

3.賃貸条件

 

賃料(共益費、看板料)や保証金などの

相場が比較的安い物件はそれだけで価値があり

造作が高く売却できる可能性が出てきます。

 

上記の査定基準以外にも店舗売却を

急がれているかどうかも重要になってきます。

 

解約告知をすでに家主さまに

提出していて募集期間が短い

場合は特に注意が必要です。

 

売却ができずに契約満了で原状回復工事(スケルトン戻し)

のリスク発生を回避するためにも、
募集開始時の造作譲渡金の価格設定はとても重要です。

 

 

 

またある程度売却までの期間に、余裕を持って

募集することで高額売却の可能性も高まり
逆に期間に余裕が無いと売却自体の

可能性も下がってしまいます。

 

 

☆心斎橋や長堀橋で賃貸店舗・居抜き物件を

売却希望ならサン・アクトにおまかせください☆

 

移転・閉店のサポート

スタッフブログカテゴリの最新記事