飲食店やバーなど店舗売却の際の査定基準3つのポイントを店舗専門不動産屋が【徹底解説】

飲食店やバーなど店舗売却の際の査定基準3つのポイントを店舗専門不動産屋が【徹底解説】

みなさんこんにちは!

 

体調不良や経営不振で今、経営されている

飲食店舗の売却をお考えの際、

気になるのは「いくらで売れるのか」という

査定の基準だと思います。

 

飲食店舗を高値で売却にはいくつか

ポイントがあります。

 

今回は店舗売却をお考えの方へ向けて、

店舗売却の際に重要なポイント3点について

お伝えしたいと思います。

知らなきゃ損!居抜き物件の【造作譲渡】そのメリットとデメリットを【徹底解説】

飲食店の売却時の査定基準 3つのポイント

 

それでは、飲食店売却時に

重要な3つのポイントについて

以下に説明していきます。

 

1.立地条件(人通りが多く、繁盛しそうな立地かどうか)

 

人気の立地は人通りが多い場所です。

駅前・繁華街・商店街・ビジネス街など

集客のしやすい場所だと

売却価格が多少高めでも

買い手がつきやすいでしょう。

 

2.内装、厨房機器の状態はどうか

 

内装や厨房機器がそのまま使用できるか

どうかも重要な査定基準です。

リース品、故障品、不具合のある機器があると

店舗売却価格の減額の対象になります。

 

リース品があると月々の出費が増えますし、

故障品があれば撤去費用がかかり、

不具合のある機器があると故障時の

修理代や交換代など金銭的な負担が増えるため、

店舗購入を検討されている方から

敬遠されやすい物件になります。

 

3.賃貸条件が相場より安いかどうか

 

賃料(共益費、看板料)や保証金などの金額が

相場より安い物件はそれだけで価値があり

造作が高く売却できる可能性が出てきます。

 

その他の要素について

 

店舗の売却価格を決める上で

上記の査定基準以外にも

気を付けておきたいポイントを

ご説明していきます。

 

退去日がいつかを把握しておく

 

店舗売却をされる際、

退去日がいつかをしっかり

把握しておくことが大切です。

 

退去日が迫っているにもかかわらず

高めの値段設定で店舗売却をしようとすると

結局買い手がつかず、退去時に原状回復

(スケルトン工事)をしなければ

ならなくなる可能性があります。

 

このようなリスク発生を回避するためにも、

募集開始時の店舗売却の価格設定はとても重要です。

 

あまりにも相場とかけ離れた価格設定だと

見向きもされず時間だけを浪費することになりますので、

同業者や店舗売却の経験のある不動産屋の意見など

も取り入れながら適正な価格を設定しましょう。

 

内覧者の意見も取り入れ価格の見直しをする

 

店舗の購入希望者が内覧された際に、

「○○万円までなら即決なんですが」

「もう少し安かったら買います」

など様々な意見が聞けると思います。

 

その時に聞いた、買い手側の

生の声を反映して価格設定を

見直すことも店舗売却を成功させる

上で大切な要素となるでしょう。

 

店舗売却査定について  まとめ

 

飲食店の売却時の査定基準には

3つのポイントがあります。

 

1.立地条件はどうか

2.内装機器の状態はどうか

3.賃貸条件が相場より安いかどうか

 

これらのポイントは、

店舗売却の査定において

重要な要素となります。

 

弊社は、心斎橋エリアに特化して10年の

実績があり、数多くの店舗売却

(造作売買契約)を手掛けております。

 

ミナミ心斎橋エリアで今、経営されている

テナントを少しでも高く売却したいとお考えなら

ぜひサンアクトまでご連絡ください。

 

移転・閉店のサポート

LINE質問 ライン サンアクト質問箱

メールからのお問い合わせはこちらから

お問い合わせありがとうございます

サンアクト【お客さまの声】口コミ一覧のご紹介

 

☆心斎橋や長堀橋で賃貸店舗・居抜き物件を

売却希望ならサン・アクトにおまかせください☆

 

スタッフブログカテゴリの最新記事