心斎橋でバーやスナックなど飲食店舗の閉店時にかかる費用とは

心斎橋でバーやスナックなど飲食店舗の閉店時にかかる費用とは

みなさんこんにちは!

 

夢であった飲食店舗を開業したものの

軌道に乗せられず、やむなく閉店される方も

いらっしゃいます。

 

バーやスナックなど飲食店を閉店しようと

お考えの皆さん、店舗の退去って意外と

費用がかかってしまうことをご存じですか?

 

今回はバーなど飲食店の閉店時いくらぐらい費用が

かかるのかについて書きたいと思います。

 

 

飲食店を閉店する際の退去方法とは

 

 

 

現在、使用している店舗を退出する際は、
契約上スケルトン状態(原状回復)

に戻さなければならない。

という条文が記載されていることが多いです。

 

ちなみに、スケルトン状態とは、

内装工事する前の状態、つまりは

コンクリートの打ちっぱなし状態のことです。

 

 

原状回復にかかる費用は、全て借主が

負担する場合がほとんどです。

 

スケルトン費用とは

 

 

 

退出までにはお金が必要になります。
その必要なお金とは一般的に

 

原状回復工事費+解約予告期間賃料

(+償却費もしくは敷引)です。

 

ここで言う原状回復工事費は、

スケルトン状態にする費用です。

 

 

1坪あたり5~7万円

 

 

もし仮に15坪の物件だった場合には、

75~105万円ほど必要になります。

 

解約予告期間賃料とは、借主が解約を

貸主に申し出てから退去するまでに

掛かる賃料を意味します。

 

解約は半年から3ヵ月前に申請

 

この申し出から解約するまでの

期間を解約予告期間と言い

その期間中には、閉店していても

営業していても賃料を支払わなければ

ならない、もしくはその期間の賃料をまとめて

支払わなければ退去できません。

 

赤字経営の店舗の場合、閉店をして

空家賃を払う、もしくは赤字のままを

しながら営業しなければなりません。

 

家賃が高ければ高いほど負担も大きくなります。

 

 

 

以上の2つを合わせた負担が、通常の退出時に

かかる費用になります。

 

原状回復工事費+解約予告期間賃料が

多いほど負担が多いです。

 

 

保証金で補うことができればまだ良い方で、

中には赤字で退出になる場合もあります。

 

飲食店舗を閉店したい売りたいとお考えの方には

こちらの記事もおすすめです。

 

 

 

【飲食店の店舗売却査定の際、気をつけるべき2つのポイント】

 

大阪心斎橋で飲食店の店舗売却の際に気をつけるべき2つのポイント

 

【ミナミ心斎橋で飲食店の店舗売却時の注意点をお伝えします!】

 

大阪心斎橋エリアで飲食店を店舗売却する際に注意するべきポイント

サンアクトはこのエリアに特化して10年の実績があります。

これまでにもたくさんの解約や閉店に立ち会って参りました。

 

 

そんな私たちだからできることがきっとあります。

例えば、上記のエリアであれば、3か月~半年の

解約期間を待たずに次の入居者と入れ替えることも

これまでに何度もやってきました。

 

もし、閉店をお考えなら解約届を出す前に弊社へご連絡下さい。

 

移転・閉店のサポート

 

☆大阪ミナミ・心斎橋で貸店舗・居抜き物件をお探しなら

サン・アクトにおまかせ下さい☆

 

お役立ち情報カテゴリの最新記事