心斎橋でBARやスナックなど借りる際の物件引渡し平均日数は20日です

心斎橋でBARやスナックなど借りる際の物件引渡し平均日数は20日です

みなさん、こんにちは

ミナミの店舗アドバイザー

サン・アクトの岩崎です。

 

ミナミでBARやスナックを開業しよう!とお考えの方

実際に店舗物件を内覧して物件の鍵をもらえるまで

どのぐらいの日数がかかるの?という質問を

お客様からよく聞かれます。

 

今回は、ミナミ心斎橋エリアで

年間100件を越えるご契約を承るサンアクトが

過去2年分のデータをもとに、物件申込から

契約・物件引き渡しまでにかかる日数について

詳しくご説明します。

申込から契約までに要する日数

 

物件の申込から契約までにかかった日数は、

平均で約20日です。

とは言っても私は過去に3日で契約した

経験があります。

 

賃貸住居と比べると「意外と時間がかかるな」

と思われた方もいらっしゃると思いますが、

実際、何に時間がとられているのか詳しく説明します。

 

飲食店・バー・スナックの物件契約に時間がかかる理由

 

①家主・保証会社による審査

 

保証会社により審査の内容や

スピードが異なります。

 

保証会社は早ければその日のうちに

回答がでる場合もあります。

 

テナントの家主審査は面談を求められる

ケースが多いです。

お互いのスケジュール調整などに

時間を要してしまうケースもあります。

②必要書類やお金の準備

 

公的証明(印鑑証明や住民票など)役所などで

準備していただく書類があります。

『印鑑証明カードを実家に置きっぱなしにしてるわ』

というケースだと契約までに時間がかかります。

③各人のスケジュールが合わない

 

不動産会社は契約前に重要事項説明書を

説明する義務があります。

実際に事務所へお越しいただくので

それらの調整などに時間がかかる

ケースもあります。

テナントの契約をスムーズに進めるためには?

 

それでは契約をスムーズに進めるために

どうするべきかについて考えていきます。

①審査について

 

【貸主に対して】

審査方法に関しては貸主によってそれぞれ

方法が違います。

慎重に時間をとって自身で面談して確認をされる方、

保証会社の審査を基準に判断される方など様々です。

 

ここに関して、スムーズにさせる要因があるとすれば、

借主から貸主へしっかり情報開示をすることが挙げられます。

 

受け入れる貸主側の立場になって考えて、

ビルにとってプラスになる要素や安心できる

材料をお伝えすることが大切です。

 

例えばこれからオープン予定のお店の業態について、

どのような業種で、どんなお客さんがビルに出入り

されるかなど客層についてお伝えしたり、

これまでの経験(系列店舗があればその情報)などを

しっかり伝えることで、貸主側も判断しやすくなり

審査がスムーズにすすみます。

 

また、なるべく親族で安定した収入がある方を

保証人にすることも貸主からの信用を得るために

重要な要素となります。

 

【保証会社に対して】

 

保証会社に対しては

保証会社からの確認電話に

すぐ応対することでスムーズに審査が進みます。

 

※保証会社によっては資産関係のチェックに、

通帳コピーの提出を求められることがありますので、

そこですぐ提出できるようにしておくことも大切です。

②必要書類の準備

基本的に必要になるものとして、

以下のものが挙げられます。

 

【個人の場合】

身分証明書(契約者・連帯保証人)
印鑑証明書(契約者・連帯保証人)
※住民票も貸主によって必要な場合があります。

 

【法人の場合】
会社謄本(履歴事項全部証明書)
身分証明書(代表者・連帯保証人)
印鑑証明(会社・連帯保証人)
※住民票も貸主によって必要な場合があります。

 

これらが基本的に必要になってくる書類です。

 

ここで大切なことは、身分証明書なら期限内のものかどうか

謄本・印鑑証明・住民票は3ヶ月以内に発行したものであること

印鑑が本当に実印かどうかの確認など、

この辺りの準備を余裕をもって行うことです。

 

③お金の準備

 

これは何よりも大切なところです。

 

物件契約は契約締結までに必ず決済が必要です。

 

(※ここでいう契約締結は単に契約書への

署名・捺印をするという行為ではなく、

賃借権を得て物件の引渡しを受けることを前提にしております。)

 

ですからお金の準備を事前にしっかりする必要があります。

 

よく盲点になるのが、ATMでの入金時に

限度額オーバーで入金しきれないパターンです。

 

自身の設定がどうなっているのか、

しっかり確認しておきましょう。

 

また融資を受ける予定の場合などは、

決済日までに融資が受けられるように調整が必要です。

④契約日のスケジュール調整について

物件契約となると

・貸主
・借主
・連帯保証人(事前に署名・捺印済みなら参加しなくても可)
・仲介不動産屋

 

各人のスケジュールを合わせなくてはなりません。

これに関しては、各々の都合もありますので、

ケースバイケースでスムーズにいかない場合もあるかもしれませんが、

貸主の都合を基準に考えると

ほとんどの貸主が土日祝をお休みにされているので、

平日の昼間でスケジュールを空けておくと

比較的スムーズに進められるでしょう。

平均は20日 最短は3日

 

申込から契約まで様々な要因があって

時間がかかることもありますが、

すべての条件がそろって準備万端な場合、

私の経験では最短3日というケースもあります。

テナントを借りる際に引渡しまでにかかる平均日数は?のまとめ

 

心斎橋や長堀橋エリアで賃貸店舗を

借りるのに必要な日数は平均約20日です。

 

ただしお急ぎの場合は最短で3日というケースもありますので

早く開業したい!という方はぜひご相談ください。

 

 

営業許可申請をスムーズにする方法はこちらです👇

大阪心斎橋エリアで『飲食店営業許可』申請手続きを取る方法

☆心斎橋や長堀橋でバーなどの賃貸店舗・居抜き物件を

お探しならサン・アクトにおまかせください☆

 

LINE質問    https://3act-osaka.jp/line/

物件一覧ページ https://3act-osaka.jp/property/
サービス情報  https://3act-osaka.jp/start/

 

バー・スナック開業のお役立ち情報カテゴリの最新記事