ミナミ心斎橋でバーを【副業】でやりたい方へ失敗しないための3つの注意点を【完全解説】

ミナミ心斎橋でバーを【副業】でやりたい方へ失敗しないための3つの注意点を【完全解説】

■ 副業でバーを経営する際の3つの注意点

■ バー副業2つのパターン

■ 副業でバーを経営するとどのぐらい儲かるのか

 

みなさんこんにちは!サンアクト代表の辰本康介です。

 

最近の問い合わせの中で、増えてきているのが

副業】です。

 

副業でミナミや心斎橋でバーをやりたい

この背景には働き方改革による定時退社や

リモート勤務などで「もっと働きたい!もっと収入を増やしたい!

または「同じ仕事だけではなく好きな仕事を楽しんでやりたい!

などニーズはさまざまですが、時代の変化を感じます。

 

今回は副業でバーをやってみたい!という方に

バーを経営する際の注意点やメリットデメリットについて

ミナミ心斎橋エリアのレジャービルの仲介業をして

10年の私が詳しく説明いたします。

副業でバーを経営する際の3つの注意点

 

1.最初に強みと特徴を作りましょう

 

副業でバーを開業する資金ができたら

まずはお店の【強みと特徴】をつくることです。

ミナミで面白いバーを教えて?」と聞かれたら

 

例えば

■ 店長の話が面白い

■ 雰囲気が良くてゆっくり話ができる

■ コンパをセッティングしてくれる

 

など、頭の中でパッと思いつくのは特徴のある

お店ではないでしょうか?

 

2.自分でもある程度バーをできるスキルを持つ

 

お店を任せていたスタッフが辞めるので閉店します

このような相談はわりと多くあります。

 

スタッフの退職=閉店とならないように

できれば次のスタッフが決まるまでは自分で

お店を運営できる最低限のスキルがあると

開業資金を無駄にしなくていいのでおすすめです。

3.お金の管理をしっかりおこなう

 

実は信用してたスタッフが店のお金を抜いてて・・

このケースもたまに聞きます。

 

飲食店は現金商売が多いのでお金の管理をしっかりして

おかないと、このようなことになる可能性は高いです。

 

過ちを犯したスタッフも悪いと思いますが

任せすぎてしまったが故にこうなることが

起こるので、そうならない対策が必要です。

2 バー副業2つのパターン

 

自分がお店(バー)に立つパターン

 

平日は本業をしっかりとこなして週末だけ

オープンするケースや定時きっちりに終わる

会社なら18時~終電前までなど

自分のスケジュールに合わせた開け方が

選べます。

スタッフを雇いお店を任せるパターン

 

バー経験者を雇い、お店を任せるなら

自分はあまり現場に出ることがないので

空いた時間でさらに副業が可能となります。

 

副業で自分が店に立つ3つのメリット

 

1.売上=儲けとなる

 

必要経費などはかかりますが、それ以外は

すべて収入となります。

2.自由に時間を選べる

 

週末だけや平日の18時~23時までといった感じで

自分が開けたいときだけ営業ができる

3.バー経営のスキルが身につく

 

実際に現場に立ちお店を運営する能力が身につくので

将来、今の仕事を辞めたいと思った時に

すぐに開業できます。

副業で自分が店に立つ3つのデメリット

 

1.時間を拘束される

 

1日は24時間なのでご自身がお店に立つなら

本業とのバランスが重要視されます。

2.集客力が必要となる

 

どんなにいい雰囲気のBARを造っても

そこで楽しんでくれるお客様がきてくれないと

売上になりません。

 

友人や知人を呼べる人脈が必要となります。

3.体力勝負となる

 

バーは基本、立ち仕事です。

 

本業で疲れきった体に立ち仕事で

疲れた顔をしているとお客様はあなたのお店を

選んでくれる確率は下がるでしょう。

スタッフを雇い任せる3つのメリット

 

1.バーテンダーの経験が無くても開業できる

 

バー経験者を雇用するので、あなたはオーナーとして

利用するだけでOKです。

 

参考記事飲食店経営者をしてモテたいという方はこちら

飲食店経営者は【モテるってホント?】 中でもBARの店長や経営者はモテます!

2.自分が働かなくても売上があがる

 

スタッフを雇用しているので、営業時間内に

たくさんのお客様が来店してくれれば

その分、多くの利益が残ります。

3.時間が自由になる

 

現場に出る必要がないので、副業で稼いだ

バーの売上でさらに商売をすることも可能です。

店長を雇い任せる3つのデメリット

 

1.収入が減る

 

スタッフを雇用するなら当然、人件費がかかります。

その費用を支払って、その他経費を払って残ったお金が

あなたの収入となります。

2.マネジメントが必要となる

 

お店を任すだけで充足感や喜びを感じてバリバリ働いて

くれたらいいのですが、不安や悩みまたは不満や不信など

持たれないように定期的にしっかりフォローすることが

必要となります。

3.スタッフが辞めた時にお店が混乱する

 

あなた自身がバーの経験があるなら、次のスタッフが

見つかるまで、とりあえず運営することができますが

もし、そのスキルがないならお店は混乱するし

最悪の場合、閉店となる可能性があります。

副業でバーを経営するとどのぐらい儲かるのか?

 

6坪8席のBARでも、バーテンダーの実力が高ければ

月間売上200~300万円稼ぐ方もおられます。

バーの売上は客数×単価×回転数

 

集客が0人で売上が上がることはありえません。

 

■ ドリンク1杯あたりいくらにするのか

■ 1か月のうち何日間営業するのか

■ 営業時間は何時から何時までするのか

■ 平日と週末はだいたいどのぐらい集客があると想定するか

 

これでお店の売上がだいたいわかります。

【参考記事】あなたはBAR派スナック派?どちらが儲かるか気になる方はこちら

8坪のテナントで検証【バーVSスナック】儲かるのはどっち?

どこまで本気でやると決めるか

 

どんな仕事にも共通する原則です。

 

目の前に座ったお客様を絶対に喜ばせる!」

この気持ちが強ければ強いほど、あなたの収入は増えます。

 

お客さまを喜ばせるために何をするべきか?

ここに時間とお金を費やし、努力を続けた人が

選ばれるお店となり【繁盛店】になります。

 

「まぁ自分の飲み代が出ればいいかな」

ぐらいであればとにかく人脈たくさん作る

ことをおすすめします。

 

理由はバーの売上は客数×単価×回転数だからです。

 

バーを【副業】でやりたい方へ失敗しないための3つの注意点のまとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

お店でも会社でも、すべてに共通して必要なことは

お客さまから選ばれるということです。

 

つまり【強みと特徴】があるということ。

 

自分がお店に立つにしても、スタッフに任せるにしても

私の経験上、これは絶対に作った方が失敗しにくいと

思っております。

 

その上で、今回の内容のメリット・デメリットを

参考にしていただき、わからないことや気づいたこと

感じたことなどあればお気軽にお問い合わせください(^^)v

 

LINE質問 ライン サンアクト質問箱

メールからのお問い合わせはこちらから

お問い合わせありがとうございます

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

【サンアクトお客様の声】ミナミで開業された先輩経営者の体験談など盛りだくさん

サンアクトがこれまでにいただいた【お客さまの声】口コミ一覧のご紹介

バー・スナック開業のお役立ち情報カテゴリの最新記事