【知らなきゃ損】バー居抜き物件のメリットとデメリットを解説

【知らなきゃ損】バー居抜き物件のメリットとデメリットを解説

みなさんこんにちは

 

バーやスナックなどのテナントをお探し中の方は

居抜き物件」という言葉をよく耳にしますよね?

 

テナントを借りる場合には、スケルトン物件と

居抜き物件という2通りの選択肢があります。

【参考記事】

【バー開業】スケルトン物件を借りた場合の内装費用はいくらかかるのか?

今回はバー居抜き物件 のメリットとデメリットについて

ミナミのレジャービルに特化して10年

これまでに500件以上の仲介実績がある

サンアクト代表の辰本が詳しく説明します。

バー居抜き物件選ぶ際の注意点

 

 

居抜き物件にはスケルトン物件にはない

メリットが多くあります。

ただし、気をつけたい点もいくつかあります。

バー居抜き物件を借りる際のメリットとデメリットを解説

 

居抜き物件のメリットやデメリットを

よく理解した上で、自分に合った物件を

選ぶようにしましょう。

バー居抜き物件のメリット

 

居抜き物件のメリットは、何といっても

初期費用を抑えられることです。

 

最低限の工事費用や設備投資で済み

大がかりな工事が必要ないので早期の開店が

可能になることもメリットです。

バー居抜き物件のデメリット

 

デメリットは、すべてのものが前テナントが

使っていた中古品だということです。

 

そのまま引き継いで使える場合と、修理や

クリーニングが必要な場合があり、思わぬ費用が

発生することもあるので覚悟しておきましょう。

また、修理できないものは廃棄することに

なるので、廃棄費用も発生する可能性があります。

 

そして、内装を変えないで店舗をオープンすると

どうしても前のテナントのイメージまで

引き継いでしまうことも。

【参考記事】

居抜き物件で契約前に確認しておきたい【物件内の残置物】について説明

 

貸店舗に特化した不動産屋に相談して居抜き物件を上手に活用しよう

 

居抜き物件は、より少ない資金で店舗を

オープンすることができるのがメリットです。

 

地域に強い店舗専門の不動産会社を事前に

調べてから相談に行かれると、居抜き物件の

物件情報をもらえる確率が上がります。

【参考記事】

【はじめての開業】飲食店舗を探す際の不動産屋選びのポイントを解説

不動産屋に相談に行く時の注意点

 

どんな業種で物件を検討しているのか

例)ダーツバーやスナックなど

時期はいつぐらいまでにやりたいのか?

ざっくりとした予算などは事前に考えて

伝える方が不動産屋も物件の情報も出して

くれやすくなります。

 

【参考記事】

心斎橋の飲食店舗専門不動産営業マンが思う仕事ができる【良い不動産営業マン】とは

バー居抜き物件のメリットとデメリットまとめ

 

いかがでしたでしょうか?

居抜きだから必ずしもお得ということはありません。

造作譲渡契約など費用がかかる場合もあります。

 

【参考記事】

心斎橋でバーやスナックなどの居抜き物件を借りる際にかかる【造作譲渡料】とは

物件を探すならこういったことに詳しい不動産会社を

事前に調べておく方がいいでしょう。

 

1.地域に強く専門性の高い不動産屋に相談する

2.事前にご自身でどんなお店を開業するかイメージする

 

最低でもこの2点をされることをおすすめします。

 

【参考記事】

【BAR開業】10件以上内覧したのになぜ良い物件に出会えないのか?

サンアクトはミナミ心斎橋エリアに特化して10年

バーやスナックの開業サポートは500件以上の

実績があります。

 

ミナミでBARやスナックを開業したいとお考えの方は

お気軽にお問い合わせください。

LINE質問    ライン サンアクト質問箱

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

☆心斎橋や長堀橋で賃貸店舗・居抜き物件を

お探しならサン・アクトにおまかせください☆

LINE質問    ライン サンアクト質問箱

物件一覧ページ https://3act-osaka.jp/property/
サービス情報  https://3act-osaka.jp/start/

 

サンアクト【お客さまの声】口コミ一覧のご紹介

スタッフブログカテゴリの最新記事