心斎橋で飲食店を開業 必要な開業資金の平均とは?

心斎橋で飲食店を開業 必要な開業資金の平均とは?

みなさんこんにちは^^!

 

食い倒れの街ミナミ、心斎橋エリアで飲食店を開業したいと、

お考えの方もいらっしゃるかと思いますが、

今回は、その開業資金についてお伝えしたいと思います。

 

 

飲食店の開業資金の平均は?

 

例として10坪ほどの飲食店の場合でみてみましょう。

 

【居抜き物件を利用の場合】
・開業資金:約600万円
うち物件取得、改装費用:約250~350万円

=運転資金目安:約250~350万円

【スケルトン物件を利用の場合】
・開業資金:約1200万円
うち物件取得・改装費用:約750~900万円

=運転資金目安:約300~450万円

 

以上が、一般的な飲食店の開業資金平均です。

しかし飲食店と一言で言えど

様々なビジネスプランがあり、

業態により開業資金の金額は変わってきます。

 

まずは事業計画書作りから

 

ご自身のしようとしているお店の業種形態から

まず自分だけの事業計画書を作成しましょう。

 

事業計画書には、自分の夢や希望全てを書き込みます。

出来る事、出来ない事は考えずに、

まずアイデアレベルでも構いません。

 

全て書き終えたら、実現に向けてリアルな数字を算出していきましょう。

新規オーナーの場合、自分のやりたい事を考えるだけで、

実際に必要となる金額を知ってから挫折するパターンが多いです。

 

しかし、現実を直視しなければなりません。

自分で作成した事業計画書を基にリサーチし、

内容を決めていきましょう。

 

利益を出すための理想的な原価率とは?

 

飲食店が儲けを出そうと思ったら

売値 > 仕入れ値 にするのは当たり前ですが、

売値が高すぎても安すぎてもいけません。

ではどの程度に設定すればよいか?

 

一般的な目安として原価率は売値の30%が目安とされています。

300円で仕入れ1000円で売る

このようなイメージです。

 

FLコストもしっかり検討

 

飲食店を営業していく上で

売上の最大化も大切ですが、

並行してコストを最小限に抑えることも

利益を確保する上で大切です。

これが「FLコスト」という考え方です。

FLコスト=原材料費「FOOD」+人件費「LABOR」
FL比率=原材料費「FOOD」+人件費「LABOR」÷売上

👆このような式になります。

 

このFL比率50%以下に抑えていくことが、

より安定した飲食店経営をする上で大切な要素となります。

 

 

まとめ:飲食店開業資金

 

開業資金の平均(10坪ほどの飲食店の場合)

 

【居抜き物件を利用の場合】
・開業資金:約600万円

【スケルトン物件を利用の場合】
・開業資金:約1200万円

 

事業計画書をつくる

 

開業資金を考える上で

しっかりとした計画に基づいて算定しましょう。

その検討材料として以下の2つの要素は大切です。

原価率

売値の30%までを目安に設定

FLコスト

FLコスト=原材料費「FOOD」+人件費「LABOR」
FL比率=原材料費「FOOD」+人件費「LABOR」÷売上

FL比率50%以下になるように計画

 

お店の開業資金を計画する際、

以上を踏まえて計画すると、

より現実的な実効性の高い計画ができあがるでしょう。

 

こちら物件取得にかかる費用についての参考記事です👇

心斎橋でバーやスナックを開業する場合に物件契約時必要な金額は?

 

☆心斎橋や長堀橋で賃貸店舗・居抜き物件を

お探しならサン・アクトにおまかせください☆

スタッフブログカテゴリの最新記事