飲食店の「重飲食」とは?軽飲食との違いは?居抜き店舗探しのポイント

飲食店の「重飲食」とは?軽飲食との違いは?居抜き店舗探しのポイント

皆さんこんにちは、ミナミ心斎橋での新規出店を熱く応援する不動産営業マンの福地です。

 

焼肉や焼き鳥、カレー、ラーメンなど、

「重飲食」と呼ばれるお店ができる物件は、

探すのがなかなか難しいとよく言われます。

 

実際に私達、不動産屋の目線でも見ても、

「重飲食OK」の物件が世間に少ないのは事実です。

 

 

ではなぜ物件が少ないのでしょうか。

また、どうすれば「重飲食OK」の物件を、

借りることができるのでしょうか。

 

まず重飲食とは?軽飲食って?

 

重飲食の種類

 

重飲食の例としては、

ラーメン/中華/焼肉/焼き鳥など、

油や火を使う調理が多く、

「煙や匂いが出やすい業態」を指します。

 

 

軽飲食の種類

 

 

軽飲食は重飲食の逆で、

カフェや喫茶店など、煙や匂いが出にくく、

簡単な厨房設備や排水・配管設備で

運営ができる飲食業態を指します。

 

重飲食OKな居抜き物件が少ない理由

 

「重飲食」がOKとなりにくい、主な理由は以下です。

 

◆数少なく限られた重飲食可能物件に出店希望者が殺到してすぐに決まってしまう

◆家主さんは、大事な大事な資産(物件)をなるべくきれいに使ってくれる入居者を求める

◆「匂い」や「煙」など、近隣からのクレーム率が高い

 

重飲食の問題点

 

重飲食のお店で、具体的に問題となるのは以下のような内容です。

 

匂いの問題:近隣からのクレーム、部屋内に匂いがこびりつく

煙の問題:近隣からのクレーム、部屋内に匂いがこびりつく

油・排水の問題:排水管がつまりやすい

 

ミナミ心斎橋エリアで重飲食のお店が営業できている事例

 

【ラーメン・まぜそば店】

 

 

香辛料やニンニクの良く効いたラーメン・まぜそば。

調理において「煙」「匂い」は必ず出ます。

しかし、このお店がなぜ営業できているかというと、

その「煙」「匂い」が近隣の問題となっていないからです。

 

キッチンの換気扇が壁についてますが、

その換気扇の向こう側に他の建物の窓などが無いため、

どこからもクレームが出ず、営業ができています。

 

また、調理や洗い物で、油分を多く含んだ「排水」も出ますが、

このお店は「グリーストラップ」を設置し、

日々の清掃メンテナンスを行っているため、

排水トラブルにならずに、営業できています。

 

 

「ミナミ心斎橋で重飲食可能な居抜き物件は少ないけど店舗を探す際のポイント」

 

重飲食可能な物件の数は実際に少ないのは事実ですが、

「煙」「匂い」「油」「排水」の対策を万全に計画し、

家主さんや近隣から心配される煙・匂い・油・排水について、

その対策を十分に実行できる説明をしたために、

入居を認められた事例もあります。

 

 

このように

「重飲食店出店をしても建物や近隣に迷惑がかかりにくい」

という説明を十分できるよう事前の準備をすることで、

最初は「重飲食NG」と言われていた物件でも、

場合によっては、重飲食店ができる場合もありますし、

家主さんにも承認されるケースもあります。

 

ご自分に合った物件で「重飲食店」を始められるよう、

しっかりと計画、準備をして、いざ物件探しを頑張りましょう!

 

居抜き物件でお得に使える「残置物」

詳しく知りたい方は↓こちらをご参考になさってください。

居抜き物件の契約前に確認しておきたい残置物とはどんなもの?

お役立ち情報カテゴリの最新記事