物件の入居審査で重要な事とは?(飲食店の場合):キーワードは「家主さんの目線」

物件の入居審査で重要な事とは?(飲食店の場合):キーワードは「家主さんの目線」

皆さんこんにちは、ミナミ/飲食店/新規開業を熱く応援する不動産営業マンの福地です。

家主さんは入居審査時「どんなお店になるのか」を知りたい

家主さんは安心して入居審査を承認したいのです

貸しビル業をされている個人家主さん、法人家主さん、

そのほとんどの方の共通の願いは、

所有する貸しビルが満室となり、それが維持されることです。

 

でも、単純に「満室」になればよい、というわけではありません。

 

特にミナミのような繁華街のレジャービルでは、

料理をメインとする飲食店や、ワイワイ楽しむバーやスナック、

接待を重視したラウンジなど、様々なお店が営業されています。

 

新しく入居するお店が、すでに入居済みのお店に、

悪影響を及ぼすようなお店には入居してほしくないんです。

なぜなら、、、

その新しくオープンしたお店が、良いお店であれば、

既存のお店とも良い相乗効果を生み出し、ビル全体が活性化しますが、

逆にビルの秩序を乱すような状況があったりすれば、

既存のお店さんが移転や退去してしまって、

ビルにまた空室ができてしまうからです。

 

なので、

新しいお店がどのようなお店となるのか、

その内容を家主さんは特に知りたいのです。

 

家主さんの願いは、新規テナントが末長く営業されること

世の中のお店は、長く繁盛営業されるお店もあれば、

諸事情により短期間で閉店、撤退されるお店もあります。

 

ビルの家主さんの目線で考えると、よくお店が入れ替わるビルよりも、

お店があまり入れ替わらない方が、安定したビル運営であると言えます。

 

なので、

どの家主さんも、入居してくれたお店には

末長く繁盛してほしいと思っています。

どんなお店かわかりやすく伝える方法

家主さんが「なるほど!この人なら良いお店運営をされそうだな」と思ってもらえるような内容を詳しく伝えることがポイントです。

例えば

申込者の経歴

飲食店に携わった経験(経営した経験や勤務した経験)

想定される客層

などを申込時に詳しくお伝えするのが望ましいですね。

家主さんが安心されるような申込内容

「どんなお店になるか」をわかりやすく詳しく伝える

物件を借りて新たに商売を始められる方には、

当然チャンスもあればリスクもあります。

また、物件を貸す側の家主さんにも、

実は借りる方と同様にチャンスもリスクもあります。

 

家主さんが、

「この人に貸すならリスクは少ないんじゃないか。

良いお店になるんじゃないか。」

と思ってもらえるように、申込内容を丁寧に詳しく伝えることにより、

入居審査を承認してもらえる確率はぐんと上がることでしょう。

 

特に初めて飲食店開業を考えられる方は、

何事も「最初が肝心!

素晴らしい飲食店オーナーの第一歩を上手に踏み出すためにも、

まずは「飲食店居抜き店舗のプロ」へお気軽にご相談ください。

 

☆大阪ミナミ・心斎橋で貸店舗・居抜き物件をお探しならサン・アクトにおまかせ下さい☆

https://3act-osaka.jp/property/

お役立ち情報カテゴリの最新記事