いつか【自分のBARを持つ】でも結局開業できなかった人の3つの特徴

いつか【自分のBARを持つ】でも結局開業できなかった人の3つの特徴

皆さんこんにちは!

ミナミ心斎橋・飲食店居抜き専門

不動産会社営業マンの福地です。

 

やる気満々で物件を探し始めたけど

結果的になぜか物件契約に進むことができず

BAR開業自体ができなかった人の特徴

 

これまでミナミ心斎橋で約250組の新規出店に

関わらせていただいた私からご紹介させていただきます。

下記①~③の全てに当てはまる人は

統計的にみても私の経験上でもBARの出店は

「今のところ難しい」と思われます。

 

しかし、下記①~③のうち

1つ2つのみ当てはまるのであれば

BAR開業へ向けて進められると

思いますので諦めずに物件探しを始めて

いただければと思います。

【参考記事】

ミナミで【バーを開業されたい方は必見】人気店・繁盛店の特徴教えます

①「いつかやる」ではなく「いつやる」と決めているかどうか

 

物事、何でも「期日」は大切です。

特に仕事に関することは。

やはり、人の行動は期日を定めないより

期日を定めたほうが、本気度は自然と高まると思います。

 

BAR開業期日を決めない場合の2つの利点【期日なしの場合】

 

1.物件選びに妥協をしなくてよい

(好みの物件が出るのを待てる)

2.多くの物件情報を見て知ることができて知識が増える

 

BAR開業期日を決めない場合の4つの欠点【期日なしの場合】

 

1.期日がないため、いつまでも物件を決められない

2.リアルタイムでの情報収集意欲が落ちて新情報を見逃す

3.間延びをしてBARをやる気・意欲が低下してしまう

4.BAR開業のための手持ち資金が目減りする

 

BAR開業期日を決める場合の3つの利点【期日ありの場合】

 

1.収入が発生する(お金が入る)日が明確にわかる

2.時間に限りがあるため物件探しの本気度があがる

3.目標に近づける

 

BAR開業期日を決める場合の2つの欠点【期日ありの場合】

 

1.もう止めることができない

2.現在の職を失う(退職する、退職する日が決まる)

 

②資金に余力がない

 

グラスや皿などお店オープン準備資金

 

自分1人だけでBAR営業する場合は

およその物件の広さは5~8坪です。

 

この場合の物件を借りる際に必要な費用は

50万円~100万円ほどです。

 

「物件は良いのが見つかったけど

手持ち資金をほとんど使いきってしまう」

このような状況になった時にほとんどの方が

一旦物件取得を諦められますし

私としても

「一旦物件取得を諦めたほうが良い」

と思います。

 

なぜなら、

いざ物件が見つかったら次に思い浮かぶ光景は

お店オープンまでのリアルに必要な物を買いそろえるシーンです。

実際にお店をオープンするとなると

物件を借りるだけでなく名刺を作ったり

お酒を仕入れたり内装を少しきれいにしたり

グラスや皿、ペーパーアイテムを購入したりと

少なからず費用は発生します。

 

このような場合には、手持ちの資金に余裕がないと

せっかく物件が見つかっても契約まで進めない

という方もいらっしゃいました。

お店オープンしてからの運転資金

 

お店をオープンしたからといって

必ず売上(≒利益)がすぐに入手できるとも限りません。

お店オープンはできたけど諸事情で

当面お店を開けることができなくなった...

 

よって、手持ちの資金は余裕をもった状態

物件探しを始めたほうがよいでしょう。

※資金が足りるのか足りないのかこのような

ご相談もお気軽に弊社へご相談ください。

 

③協力者がいない

 

「いざ物件が見つかったのに連帯保証人になってくれる人がいない

よくあるケースです。

特に、親族に頼めない人に多く見受けられます。

 

居抜き物件を借りる際はミナミの場合

99%の物件が連帯保証人を必要とする契約です。

 

BAR開業をしようと思うあなたを

■ 応援してくれる人は誰なのか

■ その人は契約上の連帯保証人となってくれるのか

いざ物件が見つかってから探してもなかなか見つからず

結果的に出会った物件をあきらめる

という方は意外と多いです。

物件を探される前に、まずは身近な人に頼んでみて

なってくれそうな人を少なくとも1人は

見つけた状態で物件探しを始められるのをおすすめします。

【参考記事】

25歳以下で【バーを開業】親に連帯保証人を頼めない人は1年以内に93%失敗する

いつか自分のBARを出す 結局出せなかった人の3つの特徴まとめ

 

・明確なオープン時期を定めず

・開業資金もあまり余力がなく

・周囲に応援してくれる人がいない

 

このような方はまずは

ご自分が本当にBARを開業したいのか

開業して何を得たいのか

開業して誰を喜ばせたいのか

 

今一度じっくりと考えてみてはいかがでしょうか。

 

誰しも思い立ってからそれが実現するまでは

いろいろと考えが巡るものです。

 

今のところは明確な時期や十分な資金、

協力者が無くてもこれから少しずつ

つくっていき、来るべきBAR開業の日に

向けて頑張ってほしいと思います。

 

【参考記事】

バーを開業して人気店・繁盛店にするためにやっている事とは?

最後までお読みいただきありがとうございました。
☆心斎橋や長堀橋で賃貸店舗・居抜き物件をお探しなら
サン・アクトにおまかせください☆
【参考記事】サンアクトお客さま口コミ一覧
ラインやメールでもお問い合わせ受け付けております。
LINE質問    ライン サンアクト質問箱
メールでのお問い合わせはこちらから
サンアクトメールお問合せ

バー・スナック開業のお役立ち情報カテゴリの最新記事