新規店舗のオープン前に、近隣店舗への挨拶まわりは必要?

新規店舗のオープン前に、近隣店舗への挨拶まわりは必要?

皆さんこんにちは!

ミナミ心斎橋で開業を親身にサポートする

不動産営業マンの平松です。

 

初めてご出店をされる方からよく相談を受けるのが

 

近隣店舗への挨拶まわりはするべきか、しないべきか・・・。

 

 

 

今回は、そんなお悩みについてお伝えしたいと思います。

 

 

 

オープン前に挨拶まわりは必要か?メリットは?

 

近隣店舗への挨拶まわりはするべきか、しないべきか・・・。

 

過去に出店されたお客様のご意見から考えると

『近隣店舗への挨拶まわり』は

必ずした方がいいです!

 

何故なのか?その理由とメリットについてお伝えしたいと思います!

 

挨拶まわりのメリット①

 

近隣店舗のオーナーさんと知り合いになれる!

 

普段ならお話する機会のない別業種の方とも

お話のできるチャンスです!

 

 

近隣の情報や、業界の情報など、生のアドバイスが

いただける絶好の機会です。

ぜひ活用してみて下さい。

 

 

挨拶まわりのメリット②

 

オープンするお店の宣伝ができる。

ご挨拶をかねてオープン告知が行えます!

 

 

名刺やチラシなどは、必ず持参して下さい!

 

ミナミ心斎橋の場合、レジャービルの中を

回遊されるお客様も多く、周囲のお店からの

ご紹介で来店されるパターンもよく見かけます。

ぜひ、ご挨拶時を宣伝のタイミングと捉えて

お店のオープン告知を行って下さい。

 

挨拶まわりのメリット③

 

もしも、トラブルや疑問が起こった場合、

管理会社さん以外に相談ができる人を見つけられる。

 

個人オーナー様で、近くに知っている方がいない場合

日常の細かな事など、気軽に質問ができる人がいるのは

大変心強い物です。

 

 

また、レジャービルに多いトラブルの漏水・騒音など、

もし迷惑をかけてしまった場合も

まったく知らない人と挨拶していただいた方とでは、

先方の対応も変わってきます。

 

目を届かせられない状況で、周囲のお店に

迷惑をかけてしまう事も想定して、

近隣店舗からも、ご自身のお店への好感度を上げておきましょう!

 

挨拶まわりをする範囲は?持参する品物は?

 

挨拶まわりのメリットはご理解いただけたと思いますが

では、どこまで回るのか?何を持って行くのか?

 

挨拶に回る範囲

 

入居されるビルの大きさにもよりますが、

個人的には、同じフロア全てと上下階のご自身の店舗と

接する店舗には、ご挨拶に伺うようおススメします。

 

例えば、青〇が契約した店舗の場合

赤い□の中はご挨拶に回っておくのが良いと思います。

 

ご挨拶の品物

 

品物をいただいた側のオーナー様に

お伺いすると、高すぎる物は敬遠してしまう

とのご意見でした。

 

高すぎる目安としては、想定3000円以上は貰えないとの事。

お持ち帰りいただいたというご意見もありました。

 

皆さん高すぎると、かえって気を使ってしまうそうです。

 

 

平均的には1000円程度で、お菓子や洗剤などの

消耗品が喜ばれているようです。

 

オープン前に、近隣に挨拶まわりは必要か?

 

近隣への挨拶まわりは、なんといっても

以下の3点がメリットです。

 

1.近隣店舗のオーナーさんと知り合いになれる。

2.ご挨拶をかねてオープン告知が行えます!

3.管理会社さん以外に相談ができる人を見つけられて安心。

 

実施いただく方がメリットが大きいと感じます。

挨拶まわりをしていたお店のオーナー様が、

オープン初日に、ご自身のお客様まで連れて

お祝いにいらして下さった!

というお話もよく聞きます。

 

近隣店舗とも良好な関係を築き

オープン日を迎えていただければと思います。

 

繁盛店を目指して!お店を開業いただく皆様には

近隣店舗への挨拶まわりは、必須ではないでしょうか?

 

 

 

 

繁盛店に必要な顧客目線についての考え方はこちらをご覧ください。

 

繁盛店になるためになぜ飲食店は顧客目線が大切なのか?

 

 

お役立ち情報カテゴリの最新記事