レジャービル飲食店で事故になりやすい1番の原因は?

レジャービル飲食店で事故になりやすい1番の原因は?

皆さんこんにちは!

ミナミ心斎橋で開業を親身にサポートする

不動産営業マンの平松です。

 

今回は、レジャービル飲食店で事故になりやすい

1番の原因についてお届けしたいと思います。

私の経験上、1番身近な事故はなんといっても『漏水』です。

 

気が付かないうちに起こしてしまいやすいので

まずは、ご注意いただく点から、お伝えしていきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

漏水事故:起こさないように注意する点

 

飲食店が活気のある春の歓送迎会の時期や年末年始に多く発生します。

私の担当させていただいたお客様のお店だけでも

昨年1年間で、14件発生していました。

そのうち半数の7件は被害者側でなく、加害者側に…。

 

意外と身近に起こりやすい事故だからこそ、

対応方法をご参考に、事故を起こしてしまわないようご注意下さい。

 

まずは、起こってしまう原因と予防法からご説明したいと思います。

 

レジャービルの漏水事故:原因と起こさない為の予防策

 

漏水トラブルが起こらないように、各予防策について

現在営業中のお店の方に予防方法を教えていただきました。

ご参考にしてください。

 

原因1. トイレを詰まらせる

 

⇒トイレを詰まらせる原因は、ライター、おしぼり、衛生品などが

大半との事です。

 

 

<予防策>

・胸ポケットに物を入れているお客様には、それとなく注意を促す。

・トイレにおしぼりを置かずに、タオルをかける。

 

 

原因2. 二層シンクが排水溝からはずれる。もしくは破損

 

二層シンクのパイプが排水溝から抜けるや破損する原因は

シンクの下に物を詰め込む事です。

 

 

<予防策>

・前から物を詰め込んでいかない。

いつもシンクの下は綺麗に整頓しておく。

 

 

 

原因3. 厨房区画内に水をこぼす

 

水を厨房の床にまいてお掃除をしてしまう方が

よくいらっしゃいます。

レジャービルの厨房の床は、ほぼ水を流す事が

できません。

 

<予防策>

・床の掃除はモップなどで水拭きして水を

流さないようにしましょう。

 

 

 

レジャービルの漏水事故:起こった時の対応

 

営業中に上階から、水が滝のように流れてきた!

電化製品が漏水の水に濡れて動かなくなった!

お店に出勤したら、何故か床が水浸しになっている・・・。

など、これらは全てお客様から報告いただいた内容です。

では、そんな時はどうするのか?

 

対応① 漏水場所の確認と、被害状況の確認

 

漏水が止まらないようなら、バケツで受けるなど

まずは被害の拡大を防ぎましょう。

 

 

 

対応② ビルの管理会社に連絡する

 

管理会社に連絡して状況を伝え、支持を仰ぎましょう!

 

 

 

レジャービル漏水事故:注意する点と起こった時の対応方法まとめ

 

漏水は、お伝えした原因以外にも構造上の問題や

悪戯などで起こる場合もあります。

 

気を付けて防げる場合も多々ありますので

予防策を参考に起こさないように注意しましょう!

 

また、もし起こしてしまった場合に役立つのが

『店舗総合保険』です。

漏水や火事など事故を保証してくれる保険です。

店舗を契約する時には、必ず加入するようにしましょう!

10坪以下の物件の場合の目安加入金額は、

2年間で20,000円~40,000円目安です。

 

漏水の加害者になってしまい、階下の店舗の厨房機器や、

エアコンを漏電させ、128万円の補修費用の請求がきた

お客様もいらっしゃいました。

この方は、全て火災保険で賄え事なきを得ました。

安心の為にも、新規出店の際には必ず加入するようにしましょう。

 

 

 

新規出店時にかかる費用など、物件契約時に必要な金額が気になる方は

こちらもご覧ください。☟

 

ミナミ、心斎橋でバーやスナックを出店する場合、物件契約時に必要な金額は?

 

お役立ち情報カテゴリの最新記事