はじめてのバー経営 家賃や共益費以外にかかる費用とは

はじめてのバー経営 家賃や共益費以外にかかる費用とは

みなさん、こんにちは

ミナミエリアに特化して10年のサン・アクトで

店舗アドバイザーをしている岩崎です。

 

今回のテーマは、バーの経営にかかる費用(お金)です。

バーでの勤務経験はあるけど、

家賃の支払いなどは店長がしていたので、

バー経営に必要なお金について把握してなかった

 

従業員としてバー勤務されていた方は、

そのようなことも多いのではないでしょうか?

 

今回は、そんな初めて自分のバーを開業したいという方へ向けて、

知っておくべき月々の固定費や変動費について書きたいと思います。

 

一般的にかかる費用

 

それでは、一般的にどのビルでもかかる

家賃・共益費以外の費用について書きたいと思います。

 

電気料金

電気料金は、ほぼ全てのビルで電気基本料が設定されており、

これはその店舗内で使用できる電気の容量に応じて増えます。

 

5、6坪のバーだと、だいたい6000円前後

が多いようですが、契約前に確認しておくことを

おすすめします。

 

そして、それに加え使用料に応じて

電気代が加算される仕組みになっています。

 

電力(100V)・動力(200V)

ともに単価は1kwあたり20円ほどのところが

多いようです。

 

水道料金

ほとんどのビルで、基本料金はなく

使った分だけ請求されるというスタイルになっております。

 

おおよそ1㎥あたり450~500円前後の

料金設定にされていることが多いです。

 

ガス料金

こちらも水道料金と同じで、

ほとんどのビルで

基本料金はなしで使用量に応じて支払い

というところが多いです。

 

料金は1㎥あたり110円前後が多いようです。

 

※ガスは個別契約(借主とガス会社で独自に契約)

というビルもありますので、

その際は、加入されるガス会社の請求単価に基づきます。

 

塵芥処理料金

じんかいしょりりょうきん??

あまり聞き慣れない言葉だと思いますが、

平たく言うと「ゴミ処理代」です。

 

多くのレジャービルで、

ゴミ処理業者と借主さまとで直接契約を

されていることが多く、正確な料金を把握し

づらいのですが、5、6坪のバーだと

5000円前後が相場のようです。

 

ビルによって請求される費用

 

看板使用料

 

 

こちらは、集合看板や壁面看板などの使用料として算定されます。

金額は、ビルによって変わり、

集合看板だと1000円~5000円程度で、

お考えいただければと思います。

 

共用電気基本料

 

ごく稀に共用部の電気に対する

基本料金が設定されていることがあります。

 

警備費

   

 

こちらもかなりレアなケースですが、

ビル全体に警備システムが

導入されている場合などに請求されます。

 

ちなみに私のお客様の店舗は、

月額8000円ほどでした。

 

防虫・防鼠費

 

ゴキブリ・ネズミ駆除などの費用がかかることもあり、

1000円~2000円ほどで設定されていることが

多いようです。

 

バー経営でかかる費用のまとめ

 

まず基本的にどのビルでもかかるお金として

電気・ガス・水道などの光熱費

そしてゴミ処理代があります。

 

さらに入居されるビルによって、

看板使用料、共用電気基本料、警備費、防虫・防鼠費

などが設定されています。

 

ビルによって若干金額の違いはありますが、

これだけの固定費・変動費があることを

お分かりいただけたでしょうか?

 

ですから物件探しの際は、

家賃、共益費以外の

これらの費用も念頭に

お探しいただければと思います。

 

サン・アクトは、お客様の80%以上が新規開業の方ということもあり、

そのような方に向けたサポート体制も万全です。

バーの開業をお考えでしたら、心斎橋エリアに

特化して10年の実績があるサン・アクトへぜひお越し下さい。

 

物件契約時に必要な費用についてはこちらをご参考ください👇

心斎橋でバーやスナックを開業する場合に物件契約時必要な金額は?

☆心斎橋や長堀橋でバーなどの賃貸店舗・居抜き物件を

お探しならサン・アクトにおまかせください☆

 

物件一覧ページ https://3act-osaka.jp/property/
サービス情報  https://3act-osaka.jp/start/

LINE質問    https://3act-osaka.jp/line/

 

バー・スナック開業のお役立ち情報カテゴリの最新記事