「造作譲渡」のメリット・デメリット|ミナミ心斎橋の飲食居抜き貸店舗専門営業マンのブログ

NO IMAGE

皆さんこんにちは、ミナミ/飲食店/新規開業を熱く応援する不動産営業マンの福地です。
 
これから飲食店を始められる方が物件を探される際、まずは「物件契約の初期費用をできるだけおさえたい」、と考えるのは当然のことです。
 
居酒屋を開業予定であれば、居酒屋が新規開業できるような厨房区画や客席などが残っていると、それをベースに新しい内装を考えればよいため、費用も時間も軽減されますね。
 
このような物件が「居抜き物件」と呼ばれるものです。

逆に、諸事情で「お店を閉店したい」と思う方もおられます。
 
「買い替えて間もない冷蔵庫」「まだまだ使えそうなエアコン」などあるのに閉店せざるを得なくなった方は、物件を退去する際には、たいていの場合はその設備を撤去して貸主へ物件を返却しなければなりません。
 
そこで、いまや増えてきた「店内造作、設備の売買」という取引があります。
 
退去される店舗の契約者が、次の入居者へ「店内の内装・設備」を売る、これが「造作譲渡」と呼ばれるものです。
 
<メリットとデメリット>
 
メリットは、そのまま使える厨房設備や内装、皿やグラス類、エアコンなどを、新品で揃えるよりは安く手に入り、なにより、すでに店舗内にあるため、搬入の時間と手間がカットできます。
 
そのため、物件の引き渡しからお店のオープンまでの期間を大幅に短縮できるでしょう。
 
 
デメリットは、譲り受ける店内の設備や内装が次の新店舗のイメージに合わなかったり、そもそもその設備が「中古品」であることです。設備メーカーや電気店で購入するわけではないため、ほとんどの場合、性能保証や故障時のアフターサービスがありません。
 
また、造作譲渡品の金額は売る側が自由に決められるため、時に高額な値段になることがあります。
 
このようなデメリットがあっても「造作譲渡」として取引が成立するケースが増えてきています。
 
その背景にあるのは、飲食店が出店したいと思う繁華街や人通りの多いエリアの「物件不足」です。
 
物件がないことにはお店を始められませんし利益も生まれません。逆に物件があれば利益を生むことができます。
 
 
飲食店を始められる際の「出店時期」はとても大切な要素だと思います。
どうしてもある時期までに出店をしなければならない場合は、当初の想定よりも高い物件取得費用になったとしても、まずは出店することを優先して「造作譲渡付物件」をご検討されるのは、未来の利益を考慮すると、大変有意義ではないでしょうか。
 
私は、「造作譲渡付物件」おすすめします。
 
☆大阪ミナミ・心斎橋で貸店舗・居抜き物件をお探しならサン・アクトにおまかせください☆
http://3act-osaka.jp/

スタッフブログカテゴリの最新記事