心斎橋で賃貸店舗を探す際のポイント 路面店と空中店舗の違いとは?

心斎橋で賃貸店舗を探す際のポイント 路面店と空中店舗の違いとは?

みなさんこんにちは!

 

これから新規でバーや飲食店の開業を

お考えの方は、路面店で開業するか

空中店舗で開業するかでお悩みの方も

いらっしゃるかと思います。

 

そこで今回は、ミナミ心斎橋エリアで

開業をお考えの方に向けて路面店

空中店舗それぞれのメリット・デメリットを

交えて説明していきたいと思います。

 

路面店とは

 

 

「路面店」とは、文字通り街中や道路沿いなど、

通りに面した店舗のことを言います。

 

都市部の大通りの路面店には、

有名ブランドの直営店や知名度の高い専門店等が、

店舗を構えているのを見かけますよね。

 

飲食店においても、その土地で人気のある店舗や、

ブランド力のある有名店が路面店には多いといえます。

 

路面店のメリット

 

繁華街における路面店形式での出店は、

ブランド力のアピールにもなるために、

店舗を構えていることだけで宣伝になる

というメリットがあります。

 

デメリットは高い家賃

 

空中店舗と比べると視認性が大きく変わるため

ランニングコストがかかる点がデメリットです。

 

 

空中階とは

 

一方、空中店舗は路面店とは対照的に

扱われることもある店舗の形態です。

 

雑居ビルやオフィスビル等の2階以上に

出店した店舗のことをいいます。

 

心斎橋で飲食店開業の際の【1階路面】【空中階2F~】の比較

 

 

路面に面した空中店舗なら、ある程度の

視認性は確保されますが、レジャービルの

中にある空中店舗だとオーナーの人脈、

インターネットや口コミなどで集客が

できるかがカギになってきます。

 

 

空中店舗は、路面店に比べて賃料を

抑えられるため、常連さんが見込める

運営形態なら、ランニングコストを

抑えられる空中店舗がおすすめです。

 

路面店と空中店舗の違いとは?のまとめ

 

 

≪路面店が向いている方≫

 

・費用をかけてでもしっかりPRし常に新規を取り込みたい方

・家賃を払ってもしっかり収益が見込める方

 

≪空中店舗が向いている方≫

 

・月々のランニングコストを抑えたい方

・常連客をしっかり確保できるビジネスモデルができている方

 

 

客層や業態と、自分の目指す店舗経営を吟味して、

路面店での出店か空中店舗での出店かを

決める必要がありますね。

 

サンアクトはこのエリアに特化しておりますので

どのような業種・業態をされるかで路面店・空中階

どちらが開業しやすいかなど、お客様のニーズに合った

アドバイスさせていただきます。

 

 

☆心斎橋や長堀橋でバーなどの賃貸店舗・居抜き物件を

お探しならサン・アクトにおまかせください☆

 

LINE質問    https://3act-osaka.jp/line/

物件一覧ページ https://3act-osaka.jp/property/
サービス情報  https://3act-osaka.jp/start/

 

スタッフブログカテゴリの最新記事