繁盛店になるためになぜ飲食店は顧客目線が大切なのか?

繁盛店になるためになぜ飲食店は顧客目線が大切なのか?

みなさんこんにちは!

サンアクトの熱狂社長、辰本です!

 

 

飲食業に従事されている方は

日頃からFOR YOU精神や顧客目線の

サービスを心がけるよう学んできたと思います。

 

この思考は飲食店経営者には絶対に必要です!

 

 

 

【相手の立場】で考えることの大切さはみなさんも

ご承知の通りだと思います。

 

ではなぜ顧客目線が求められるか?について

本日は考えてみたいと思います。

 

飲食店で顧客目線が大切な2つのポイント

 

1つ目:飲食店経営で粗利益が出るポイントを理解する

 

 

世界中すべての飲食店には必ず【お客様】がいます。

 

 

そのお客様の持っているお金と

そのお店の料理やサービスが

交換された時に売上となります。

 

 

これを価値と価値の交換といいます。

 

 

この時、お金を支払う決定権は100%お客様にあり

お店側には1%もないということを

理解しておく必要があります。

 

 

2つ目:飲食店はお客様が欲しいものを提供する

 

 

よく○○に行って美味しかったからこれは絶対に流行る!という
考えで出店される方がいますが、これは危険な考え方です。

 

 

 

店主がいいと思うものよりも

 

 

お客様が食べたいもの

 

 

これはマーケットインとプロダクトアウトといいます。

要は考え方の出発点がまったく違うということです。

 

 

なぜ飲食店は顧客目線が大切なのかについてのまとめ

 

 

聖書には

 

 

何事でも人々からしてほしいと

望むことは、人々にもそのとおりにせよ

こう書かれております。

 

聖書は、現在までに世界中で約3,380億冊が購入され、
今も年間約6億冊が印刷されていると言われています。
なぜここまで普及したのかを考えると

 

原理原則だからだと思います。

 

仏教も同じくです。

 

 

仏教に教えられる善行の第一に挙げられるのが『布施』です。
『布施』とは、相手に与えること。

 

常に相手の立場に立って言動を考えるのも『布施』です。

 

2000年以上、普遍的な考え方として取り入れられている
その考え方が【相手目線】での発想だからです。

 

 

ということは、この原理原則に従い

どうすれば相手が喜んでくれるか?

 

ここを追求した飲食店が繁盛店になると思いませんか?

 

 

 

 

この本は原理原則が理解しやすいと

思うのでおすすめです♪

 

飲食店を開業される前に読んでおくと

役立つと思います!

 

 

 

☆大阪ミナミ・心斎橋で貸店舗・居抜き物件を
お探しならサン・アクトにおまかせください☆

https://3act-osaka.jp/property/

お役立ち情報カテゴリの最新記事