ミナミのレジャービル 5~10坪のテナントの【平均席数】について徹底解説

ミナミのレジャービル 5~10坪のテナントの【平均席数】について徹底解説

皆さん、こんにちは

 

心斎橋エリアに特化して10年のサン・アクトで

300件を越える居抜き物件を見てきた

店舗アドバイザーの岩崎です。

 

電話やメールでお問合せをいただく際に

ほぼ毎回聞かれるのが席数です。

 

開業するにあたり、やはり気になるのは

儲かるかどうかだと思います。

ではバーの売上はどう予測できるでしょう?

 

それは、客単価×席数×回転数です。

 

そこで今回は後から変更するのが難しい

席数について5~10坪の店舗の広さごとに

どれぐらい席数が見込めるかを

社内の128件のデータをもとに検証した

結果をくわしく説明します。

 

心斎橋エリアのバー向きテナント 坪数ごとの平均席数

 

それでは、実際の過去データをもとに

お調べした結果を見ていきましょう。

 

5~6坪の小型店舗

はじめて開業される方からよく問い合わせいただく、

広さが5~6坪のテナント

 

このサイズだと平均9.6席という結果でした。

物件のレイアウトとしては、

カウンターのみのテナントが多く

BOX席はあっても1つ程度までが多いです。

7~8坪の店舗

このサイズだと写真のような

カウンターとBOX席が2つの物件や

大きめのBOX席が1つあるような

物件が該当します。

 

このサイズだと平均14.6席でした。

9~10坪の店舗

このサイズの店舗レイアウトは

カウンターとBOX席が2つ~3つ

というものが多いです。

平均18.8席という結果でした。

 

スタッフ人数とどれだけ集客が見込めるかでサイズを決めましょう

 

スタッフの人数に対して、席数が多すぎると

お客様へ手が回らず、サービスの質が低下します。

 

逆に席数が少なすぎると、せっかく来ていただいた

お客様を帰らせてしまう心配もあります。

 

これらを踏まえ、テナント探しの際は、

スタッフ人数と見込まれるお客様の人数を

考慮して、しっかりシミュレーション

しておきましょう。

 

【参考記事】

東心斎橋でバーを開業する方へ【居抜き物件の探し方】を解説

初めてのバー開業 物件の広さと席数 まとめ

 

広さごとの平均席数

 

5~6坪台の小型店舗 平均 9.6席

7~8坪台の小型店舗 平均14.6席

9~10坪台の小型店舗 平均 18.8席

 

1人で開業するなら5~6坪台の店舗がおすすめです

このぐらいのサイズなら、1人でも

お客様に目が届きますし、狭い分

家賃が安く、月々の固定費が下がりますので、

金銭的な不安も少ないのではないでしょうか?

スタッフを雇い集客も見込めるなら7坪以上がおすすめ

 

冒頭にも書きましたが、

バーの売上は客単価×席数×回転数

で決まります。

 

ですから、売上の増大を考えた場合

席数が多い方が有利に働きます。

 

初めての開業でも集客が見込めるなら

売上の増大が図れる7坪以上のテナントが

おすすめです。

 

サン・アクトはこれまで

500件を越えるバーの開業に

携わっており、開業についての

ノウハウが充実しております。

 

心斎橋エリアで初めてバーを開業される方は

ぜひ、サン・アクトへご相談下さい(^^)v

 

気になる事や分からないことがあれば

お気軽にご質問ください。

 

LINE質問 ライン問い合わせはコチラ

メールでのお問い合わせはこちらから

お問い合わせありがとうございます

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

☆心斎橋や長堀橋で賃貸店舗・居抜き物件を

お探しならサン・アクトにおまかせください☆

バー・スナック開業のお役立ち情報カテゴリの最新記事