心斎橋で将来バーを開業したい方必見!!テナントの入居審査に落ちる人の3つの共通点とは?

心斎橋で将来バーを開業したい方必見!!テナントの入居審査に落ちる人の3つの共通点とは?

みなさん、こんにちは

サンアクトの岩崎です。

いつか自分でバーを開業したいので、

■ コツコツお金を貯めている

■ マメに物件を調べている

 

もう準備は、しっかりしているから

時期さえくれば大丈夫と思っている

そんなあなたに向けて

 

テナント契約の前に入居審査に通らないと

そもそもバーを開業できません。

 

では、入居審査に通るためにどうすればいいのか?

 

今回は、心斎橋エリアに特化して10年の

サンアクトで店舗アドバイザーをしている岩崎が

2年の経験をふまえてご説明したいと思います。

信用度が足りない人はテナントの入居審査に通りにくい

 

テナント契約予定者の信用度とは?

 

入居の際に判断基準とされる契約者の

年齢、連帯保証人、契約者自身の経験などです。

 

審査を通るかどうかは貸主側からみて、

契約予定者がどれだけ信用できる人物で

あるかが重要です。

 

その点について詳しく説明していきます。

テナントの入居審査に通りにくい人の3つの特徴

 

それでは過去にどんな方が、

入居審査に通らなかったか

その3つの特徴について説明します。

 

➀テナント契約者自身の年齢が若い

 

若い=元気がある=騒がしい

 

すべてではありませんが、ミナミの貸主さんの認識は

だいたいこんな感じの方が多いです。

 

若い方が経営するバーのお客さんは

客層も同世代となることが多いです。

 

貸主として、トラブルは避けたいものです。

ですから20代前半以下の方などは

入居審査が厳しくなります。

②連帯保証人の信用度が低い

 

連帯保証人が次の条件に当てはまる場合

入居審査に通らない確率が上がります。

 

・年齢が20代である

・契約者との続柄が友人や知人

・勤務先の詳細が不明(ネットなどに出ていない)

 

逆に審査を通りやすい連帯保証人はこちらです。

 

・年齢が30歳以上

・契約者との続柄が親族(2親等以内)

・勤続年数が5年以上の会社員や公務員

 

貸主側の立場になった場合を想像してみましょう。

 

もし物件契約者が家賃滞納や近隣トラブルなどを

起こした場合、どちらが保証能力がありそうでしょうか?

 

【参考記事】

25歳以下で【バーを開業】親に連帯保証人を頼めない人は1年以内に93%失敗する

③バーでの勤務経験がない

 

■ バーや飲食店での勤務経験がゼロ

 

■ バーや飲食店での勤務経験が5年

 

どちらが、安定して長く借りてもらえそうか

 

貸主としては、契約したからにはできるだけ

長く借りていただきたいと思うのが普通でしょう。

 

ですから裏付けとなる

確かな実績をしっかり示すことは

入居審査を通す上で重要なポイントです。

 

また勤務経験が無いなら、一緒に働くスタッフに

バーの勤務経験の長い方を雇うというのも方法の

1つです。

年齢が若いとバー経営はできないのか?

 

上の3つの条件に当てはまったからといって、

入居審査に通らないわけではありません。

 

過去に私のお客様で、契約者21歳、連帯保証人20歳で

入居審査に通ったことが実際あります。

 

その時は、貸主が保証会社の審査に通るならOK

という基準を持たれていたので通りました。

 

そのようなビルはミナミの中でも

数少ないので、どうしても選択肢は

減ってしまう点は留意しておきましょう。

 

サンアクトならどのビルが入居審査に通りやすいか

そのあたりもかなり詳しいので、もしも

ご不安なら事前にご相談下さい。

 

LINEでのご質問・ご相談はこちら↓

ライン質問箱

【参考記事】

飲食店経営者は【モテるってホント?】 中でもBARの店長や経営者はモテます!

入居審査に通るための準備をしっかりしておきましょう

 

物件契約において貸主から

いかに信用を得られるかこれが大切です。

 

そして信用度の中で、誰が連帯保証人となるか

これが特に重要です。

 

過去、年齢が22歳で審査を通ったケースでは、

連帯保証人との続柄が知人ではあったのですが

大手企業で何十年と働かれている方でしたので

問題なく入居審査を通過することができました。

 

年齢がもし20代なのであれば

それをカバーできるよう

連帯保証人探しも事前準備として

しっかり取り掛かりましょう。

テナントの入居審査に通らない人3つの特徴 まとめ

 

バーをしたくても以下の条件に当てはまると

入居審査のハードルが上がります。

 

➀契約者自身の年齢が20代前半以下と若い場合

②連帯保証人の信用度が低い場合

③バーでの勤務経験がない場合

 

いつかバーを開業したいなら

お金を貯めたり、物件探しをするのも

重要ですが、テナントの入居審査を

通過するための準備も並行して

おこなっていきましょう。

 

【参考記事】

バーを開業して人気店・繁盛店にするためにやっている事とは?

サンアクトは心斎橋エリアに特化して

10年、仲介実績は500件以上ありますので、

わからないことはなんでも聞いてくださいね。

 

物件紹介ページはコチラです

こちらをラインでご登録いただけますと

優先的にお声がけさせていただきます👇

LINEでのご質問・ご相談はこちら↓

ライン質問箱

 

メールからのお問い合わせはこちら

お問い合わせありがとうございます

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

☆心斎橋や長堀橋で賃貸店舗・居抜き物件を

お探しならサン・アクトにおまかせください☆

バー・スナック開業のお役立ち情報カテゴリの最新記事