ミナミ心斎橋でバーを経営 失敗しない為に気をつけたい3つのこと!

ミナミ心斎橋でバーを経営 失敗しない為に気をつけたい3つのこと!

みなさんこんにちは!

 

念願のBARを開業

 

頑張って貯めた資金で、いよいよ

自分のお店を持つ準備もできて

バーを開業するなら、やはり失敗は

したくないですよね。

 

しかし、そんな思いとは別に残念ながら

1年も経たずに閉店・廃業されてしまう

オーナーもたくさんいらっしゃいます。

 

心斎橋や長堀橋でバーを廃業された方のその後の生活

 

なぜバー経営で上手くいく人と失敗する人がいるのか?

 

 

今回はバー経営を失敗しないために
気をつけたい3つのポイントを

お伝えしたいと思います。

 

バー経営に失敗しないための3つのポイント

 

8坪12席のBARで想定します。

 

①1日の売り上げを5万円以上確保する

 

1日売上5万円あれば、月24日の営業で120万円になります。

原価が2割、家賃が2割、アルバイトなど人件費2割とすると、
手元には48万円が残ります。

 

これだけあればプラスの循環で経営を

拡大させていくことが可能です。

 

そのため1日5万円の売り上げを

確保することが大切です。

 

②固定費はできるだけ抑える

 

いきなり大きな店舗を開業したり、

家賃の高い場所で出店しては危険です。

 

初期の運転資金に十分な余裕があればよいですが、
大抵は足りないことが多いでしょう。

 

そんな状態で固定費を上げると、
たちまち資金がショートしてしまいます。
固定費は可能なかぎり下げてください。

 

それだけで閉店のリスクを大きく下げられます。

 

③中古の備品を活用して開業の費用を下げる

 

備品を全て新品で揃えた場合、大きな

開業コストとなります。

中古品にも質の良い状態のものが多いですので
積極的に中古飲食店用備品を活用しましょう。

 

 

バー経営で失敗しない為に気をつけたい3つのことのまとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

どれだけ赤字になろうとも現金さえ

無くならなければ経営は続けて

いくことが可能です。

 

しかし、手元の資金が底をついてしまったら

 

1.金融機関から融資を受ける

2.親・友人から借りる

3.副業して資金を集める

 

といった事態になってしまいます。

 

そうならないためには日頃から

お金の管理はシビアなぐらいしっかりと

帳簿をつけて管理することをおすすめします。

 

サンアクトでは融資や税務に強くて、親身にサポートして

下さる会計士の方をご紹介することも可能です。

 

【参考記事】

ミナミ心斎橋エリアで物件を探されるならこちらの記事もおすすめです。

ミナミ心斎橋での物件選び『気をつけたいポイントと注意点』

 

サンアクトはこのエリアに特化して10年

年間に100件以上の実績がありますので

はじめてバーを開業される方へ物件のチェックポイントや

契約までの流れ、カラオケや酒屋など多岐にわたり

お役に立てる自信があります。

 

 

東心斎橋でBARを開業する方へ居抜き物件の探し方を【完全解説】

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

☆心斎橋や長堀橋でバーなどの賃貸店舗・居抜き物件を

お探しならサン・アクトにおまかせください☆

 

LINE質問    https://3act-osaka.jp/line/

物件一覧ページ https://3act-osaka.jp/property/
サービス情報  https://3act-osaka.jp/start/

スタッフブログカテゴリの最新記事