心斎橋、長堀橋での「バーやスナックの新規開業、失敗事例」

心斎橋、長堀橋での「バーやスナックの新規開業、失敗事例」

皆さんこんにちは。

ミナミ/飲食店/新規開業を熱く応援する

不動産営業マンの福地です。

 

バーやスナックの新規開業に際し誰もが、、

 

「念願の自分のお店を始められる」

「やるからには儲かりたい」

 

と思って、期待いっぱいでお店をスタートされます。

 

 

ところが中には、

新規開業から間もなく閉店をむかえる、

という方もいらっしゃいました。

 

そのような「望まなかった早期閉店」

をむかえられたケースは

「何が原因だったのか」

 

過去の事例をご紹介し、

これから開業をお考えの方の

ご参考になればと思います。

 

バーやスナックの失敗例 その①人間関係

 

出資者と店長さんの関係性が悪化したケース

 

出資担当者、実際にお店を運営する担当者が、

別々のケースはよくあります。

 

開業後しばらくは

お客さんもたくさん来られて、

順調にお店運営できていることが

多いのですが開業後しばらく経つと、

一旦は多くのお店は売上が下がってきます。

 

 

そのあたりのタイミングで

お店の運営について意見が分かれ、

出資者と店長さんの仲が段々と悪くなり、

ついにはお店を開けられなくなり、

閉店⇒物件解約

といった事例がありました。

 

いろいろな人間関係、

ずっと仲良く続くとは限りませんが、

 

複数で協力してお店を始められる場合は、

役割分担や利益の分配など、

しっかりと事前に相談して、

決め事をはっきりさせてから、

開業されることで

少しでも長く良い関係を続けられるのでは、

と思います。

 

スタッフさんの急な退職のケース

 

「お店は準備するが、実際の営業は誰かに任せる」

このようなケースもよくありますが、

 

「オープン直前に店長予定者が辞めた」

という話も意外とよく耳にします。

 

 

当然、店長予定者がいなくなれば

お店も開けられないので、

やむなく閉店⇒物件解約

となってしまいます。

 

このケースでも、やはりお店開業前に、

雇われるスタッフさんと

十分にコミュニケーションをとり、

信頼関係を気付いておくことで、

急なスタッフさんの退職という

アクシデントも防げるのでは

ないでしょうか。

 

バーやスナックの失敗例 その②宣伝不足

 

繁華街である

「心斎橋」「長堀橋」

に出店すれば、

おのずと来客は見込めると

思われていたが、

実際にはお客さんがほとんど来ず、

早期閉店された事例がありました。

 

その方が営業されている時に

「どんな宣伝をされているか」

聞いたところ、

 

「チラシを100枚ほど近隣店舗に配っただけ」

という回答でした。

 

(開業前の近隣へのご挨拶について、

こちらもご参考になさってください↓)

飲食店の新規開業時オープン前に近隣店舗への挨拶まわりは必要?

 

無料で使えるSNSも

不定期(月1~2回)で告知されるだけ

だったようです。

 

心斎橋や長堀橋のような繁華街は

飲食店の競合店も多く存在します。

 

弊社の特化エリア

(東心斎橋・宗右衛門町・心斎橋筋)

だけでも飲食店の数は

2019年調べで4258店舗もありますので、

工夫を凝らした広告宣伝をしなければ、

簡単には思い描かれる集客は

難しいのではないでしょうか。

 

バー・スナックの新規出店で失敗しないための方法、まとめ

 

人間関係や広告宣伝を

うまく継続することができず、

望まない「早期廃業」を

むかえることがないようにするための備えは、

 

やはり、開業前にしっかりと

お店の1年目、2年目、3年目を、

どのようにむかえたいのか、

明確な目標を設定し、

 

それを実現するための

具体策を十分に検討、準備し、

 

また、お店運営がうまくいかなくなった時の事も

想定したうえで新規開業されることが

望ましいと思います。

 

 

心斎橋や長堀橋エリアで新規開業される際は、

飲食店仲介に特化した弊社スタッフが、

過去の多くの事例を参考に、

繁盛店になっていただくための

アドバイスもさせていただきます。

お気軽にご相談ください。

 

☆心斎橋や長堀橋で賃貸店舗・居抜き物件を

お探しならサン・アクトにおまかせください☆

https://3act-osaka.jp/property/

お役立ち情報カテゴリの最新記事