【路面店舗VS空中店舗】心斎橋でBARを開業するなら空中階がおすすめ

【路面店舗VS空中店舗】心斎橋でBARを開業するなら空中階がおすすめ

みなさんこんにちは!

 

ミナミ心斎橋エリアではじめてバーを

開業しようとお考えの方は、路面店で

開業するか空中店舗で開業するかで

お悩みの方もいらっしゃるかと思います。

 

結論から言うと、ミナミでBARを新規開業するなら

レジャービルの空中階がお得です。

 

今回は、なぜミナミ心斎橋エリアで

バー開業を開業するなら路面店よりも

空中階がお得なのか?について

ミナミエリアに特化して10年

これまでバーやスナックなど

レジャービルの仲介実績500件以上の

サンアクトが詳しく説明します。

路面店と空中階の賃料の違い

 

「路面店」とは、文字通り街中や道路沿いなど、

通りに面した店舗のことを言います。

 

ミナミ心斎橋エリアの路面店は空中階と比較すると

2倍~場所によっては10倍以上異なります。

 

※心斎橋筋商店街の路面店は1坪20万円の店舗もあります。

 

飲食店においても、その土地で人気のある店舗や、

ブランド力のある有名店が路面店には多いといえます。

 

【参考記事】路面店と空中階の違いを詳しく解説

心斎橋で飲食店開業【1階路面テナント】VS【空中階2F~テナント】違いを徹底比較

路面店のメリットとデメリット

 

路面店のメリット

 

路面店のメリットは一言で言うと【視認性】です。

※ 視認性とは「目で見たときの確認しやすさ」の度合いのこと

 

ミナミなどの繁華街での出店は、旗艦店などと呼ばれ

ブランド力のアピールにもなるために、

店舗を構えていることだけで宣伝になる

というメリットがあります。

 

※ 旗艦店とは「最も目立つ、ブランドを代表するような店舗」を意味します。

路面店のデメリット

 

視認性が高い分、賃料が高くなります。

 

特に全国的にも有名なミナミや心斎橋は

坪単価も高いので月々のコストがかなり

割高になってしまいます。

空中階のメリットとデメリット

 

空中階のメリット

 

先ほどの路面店と真逆ですね。

賃料が安いので月々のコストを最小限にできます。

 

物件取得の初期費用も安いです。

 

はじめて開業される方には投資リスクも

抑えることができるのでおすすめです。

 

【参考記事】最新のミナミの空中階の賃料相場を説明

【2021年版】ミナミのバーやスナック物件【賃料相場を徹底解説】

空中階のデメリット

 

レジャービルの中にある空中店舗だと

オーナーの人脈、ネット集客やSNSなどの

口コミなどで集客ができるかがカギになってきます。

 

バーを開業される方で人脈0お客様0という方は

少ないと思います。

 

逆に新規の飛込来店がないことがメリットと

言われるオーナーも多くおられます。

常連さまを大切にされるやり方もバー経営では必要です。

 

【人気記事】

心斎橋で【BAR開業】空中階のテナントを利用する際の集客方法

 

路面店VS空中店舗の違いとは?のまとめ

 

≪路面店が向いている方≫

 

◆ 費用をかけてでもしっかりPRし常に新規を取り込みたい方

◆ 家賃を払ってもしっかり収益が見込める方

 

≪空中店舗が向いている方≫

 

■ 月々のランニングコストを抑えたい方

■ 常連客をしっかり確保できるビジネスモデルができている方

 

客層や業態と、自分の目指す店舗経営を吟味して、

路面店での出店か空中店舗での出店かを

決める必要がありますね。

 

【人気記事】東心斎橋でBARを開業される方は必見です

東心斎橋でバーを開業する方へ【居抜き物件の探し方】を解説

サンアクトはこのエリアに特化しておりますので

どのような業種・業態をされるかで路面店・空中階

どちらが開業しやすいかなど、お客様のニーズに合った

アドバイスさせていただきます。

まずはお気軽にご質問下さい(^^)v

LINE質問    https://3act-osaka.jp/line/

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

☆心斎橋や長堀橋でバーなどの賃貸店舗・居抜き物件を

お探しならサン・アクトにおまかせください☆

LINE質問    https://3act-osaka.jp/line/

物件一覧ページ https://3act-osaka.jp/property/
サービス情報  https://3act-osaka.jp/start/

メールでのお問い合わせはこちらから

お問い合わせありがとうございます

バー・スナック開業のお役立ち情報カテゴリの最新記事